大阪大学 先導的学際研究機構 DX社会研究部門

大阪大学 先導的学際研究機構 DX社会研究部門

活動目的

本部門では、高度な情報技術の活用をあらゆる分野に遍在化させ、産業社会や経済社会、また、日常生活においてDXを浸透させ発展させるための研究活動を推進する。 そのため、本部門では、以下を目的とする。

  1. 大阪大学において情報科学を主たる研究分野とする研究者集団を形成し、情報科学の新たな学術領域を形成していく。特に、快適なスマートキャンパス整備への貢献を目的として5G/Beyond 5G(6G)技術を活用したDX推進に資する先端研究を実施する。
  2. 本部門を情報科学分野に関連する分野の研究者の学術交流を一層発展させるためのプラットフォームとし、情報技術を活用した社会課題解決を目指した融合研究を推進する。
  3. 本部門における活動を産学官共創の強力な推進力とした新産業創出を目指し、翻って大阪大学の、情報科学分野だけでなく情報技術を基盤とした研究分野の研究力強化に結びつける。また、これらの活動を通じて、大学発スタートアップ企業の創出を目指す。

大阪大学 大学院情報科学研究科
DX社会研究部門 部門長: 教授  村田 正幸     

お知らせ

大阪大学先導的学際研究機構 DX社会研究部門  キックオフシンポジウムを開催
大阪大学先導的学際研究機構 DX社会研究部門 を発足しました